10月のお知らせ
 1日(休診
 8日(休診
 9日(

午前保険内診療(予約制)

午後保険外診療(予約制)

15日(休診
22日(

午前保険内診療(予約制)

午後保険外診療(予約制)

29日(

午前保険内診療(予約制)

午後保険外診療(予約制)

スポンサーサイト
2017.09.14 / Top↑


院長コラム2017
VOL4(処暑)

         『2017 夏・なつ・ナツ・NATU・ココナッツ』

はーい?皆様2カ月ぶりの配信になりますがいかがお過ごしでしたか?僕は今、甲子園の決勝戦をテレビで観戦しながらキーボードを奏でております。東京は8月に入り21日間連続で雨が降っていたという事で、東京が屋久島化したのではないかと心配しましたが、どうせなら記録更新を狙い30日、40日連続雨でもいいかなぁなんて一瞬思いましたが、ここまで雨が降ると太陽の顔を拝みたくなり『晴れ乞い』でもしようかなぁと想っておりましたら、昨日くらいからようやく夏休みも残り一週間っていうところで再度、夏がまた戻ってきてくれた感じがしております。豊島園も1000円引きにしたら天気が良くなって来て、「ちょっぴり失敗した・・・。」という上層部の声が聞こえてきましたが、この長雨の経済損失は4800億円にも達するそうですね!我々柔道整復師の1年間の療養費の支払い金額と一緒位ですから、かなりの額ということになりますが、やっぱり夏は暑くなくてはなりませんなぁ。
野菜も果物も高騰して困ります!
てな訳で、僕も恒例の夏休みを今年は8月9日から16日まで取らせていただきました。東京にこの間いませんでしたので、あまり雨の影響を受けたという実感はありませんが、やはり、行く場所行く場所で挨拶代わりに「天気が悪くて困りますね!」が合言葉のように飛び交っておりました。今回は時系列的に行った場所を列挙していこうと想います。
先ずは8/9~11まで結婚20周年の記念に北海道に2泊3日で家族4人で行って参りました。北海道は結婚した年の夏にやはり訪れ、長男が2歳の時のゴールデンウイークに再度訪れ、今回が3回目の旅行で長女を連れて行ってなかったものでしたので、丁度よい機会かなぁと、長女が希望する『旭山動物園』を先ず最初に訪れました。長男が2歳の時はまだベービーカーで移動をしていた為、広くて階段の多い動物園だなぁという印象があったのですが、今回は子供達もしっかり自分の足で歩いて移動してくれるため、[こんなに狭く楽だったっけ?]という印象が残りました。熊の中でも特に獰猛な白熊の動きを暫く観ておりました。旭山動物園を後にし宿にレンタカーで向かいました。トヨタ車ならビィッツで日産車ならノート、ホンダ車ならフィットだろうと予想しておったんですが、今回はトヨタのシエンタという車種でちょっと興味があり試乗してみたいなぁと想っていた車だったので、ほくそ笑みながら運転しておりますと、ここぞTHE北海道という景観が車窓を覆い、そうこうしているうちに、一泊目の宿泊先であります『層雲峡温泉』に到着しました。2日目は宿泊先が富良野でしたので層雲峡から富良野までの間のドライブを楽しみ、その間の『美瑛』に立ち寄り、『青い池』『四季彩の丘』『美瑛選果』を廻りました。美瑛は外国人が多く日本人を探すのに一苦労しました。そして2泊目の『富良野』に到着し、名物のラベンダー、メロン、ワイン、チーズ、トウキビ、ジャガバターをしっかり味わい、新千歳空港に3日目は向かいました。自宅に到着したのが11日の夜11時も過ぎたころだったと記憶しております。雨を感じたのは12日の土曜日に3日分の旅の洗濯物を乾すときでしたか・・・。湿気が多くその日の内には乾く気配が無かった為、初めてコインランドリーというところに妻と一緒に行き、そこにいた人に聞きながらコインを入れ持って行った洗濯物を乾燥機に放り入れた次第であります。もしかしたら、新潟の田舎でこのコインランドリーの経営をしたら当たるかもと想いながら、その日の夕方は関越・上信越自動車道を愛車でひた走り今度は田舎に帰省して来ました。13日は『戸隠神社』『黒姫小林農園』『そば処たきさわ』妙高高原の『苗名滝』に行ってきました。特に戸隠神社には昨年行くことが出来なかった為、今年は機会があれば行きたいなぁと想っており、なんとか家族にも許しを乞うて行くことが出来ました。素晴らしい心地のいい“氣”が樹齢400年の杉から降り注がれておりました。妙高の苗名の滝は超有名な観光スポットにも関わらず地元に居ながら一度も行ったことがなく、今回が初めての訪問でした。「日本の滝百選」にも選ばれており、落差55mから流れ落ちる妙高山の雪解け水が一服の涼を与えてくれ、信越高原で一番美味しいと謳っているソフトクリームに子供たちは舌鼓を打っておりました、僕は高原のブラックコーヒー(夏でもホット)で喉を潤しました。お盆の時期に田舎に帰るのはもう何年振りかも忘れる位ででして、迎え盆のこの日、親父と我々家族5人でお墓参りに行き、提灯に蝋燭を立てその光を頼りにご先祖様が実家に帰って来るのだよと子供たちに説明しながら13日は夜も更けって行きました。14日は朝から毎年恒例の中学生時代の友人宅を訪れ、丁度我が家の子供たちと同い年の子供がいる為、一年ぶりの再会に子供たち同士が一番喜んでいる感じでした。そして『日本海』に海水浴に行き、烏賊の水揚げが日本海でも少ないらしく、海水の温度が長雨にもかからわず温かくこれでは烏賊はとれないなぁと思いながら、「海は自然のホスピタル」である旨の話を子供に言い聞かせ、日本海を後にし、妹の嫁ぎ先でバーベキューと流しそうめんをやってくれるというので行って参りました。外で食べるってほんとに味も一段と良くなりますね!15日朝、雨の為予定していた実家から『上越妙高駅』までのジョギングは中止し朝食を頂き11時頃に田舎を後にし再び30回目の上京と相成りました。毎回このコラムに書きますが田舎は一年の垢を落とし、リセットし再起動する処と書いておりますが、まさに今回もそれを全うした気がします。途中大雨の『軽井沢』に寄って、16日になる2分前に我が家に到着しましたとさ。ざっと今回の夏休みをご紹介させていただきました。
娘に今回の夏休み沢山色々な所に行ったけど何処が一番思い出に残った?と質問したところ、『北海道のセブンイレブン』という答えが返ってき愕然?・・・トホホな気分(泣き)になりましたが、氣を取り直してさぁー心機一転9月からバリバリ働きまっせー!

お知らせ
8年半皆様に大変お世話になりました、柔道整復師の角田 伊織先生が平成29年8月いっぱいをもちまして年季が明けて、かわい接骨院を退職致します。皆様に育てて頂き感謝申し上げます。それに伴って送迎のサービスは終了となります事をお知らせ致します。長年に渡りご利用頂きましてありがとうございました。
深謝
かわい接骨院・じょんのび治療室
主宰 川合 晃生
2017.08.28 / Top↑
9月のお知らせ
 3日(日)

午前保険内診療(予約制)

午後保険外診療(予約制)

10日(日)

陽(つがい)てい鍼セミナーの為、休診

17日(日)休診
18日(月)

午前保険内診療(予約制)

午後保険外診療(予約制)

23日(土)秋分の日の為、休診
24日(日)

午前保険内診療(予約制)

午後保険外診療(予約制)

予約診療は、先着順となります


2017.08.18 / Top↑
 

夏休みのお知らせ

  

8月 9日(水)予約診療(角田)

 10日(木)午後予約診療(角田)

 11日(金)山の日の為、休診

 12日(土)午前予約診療(角田)

 13日(日)休診

 14日(月)予約診療(角田)

 15日(火)予約診療(角田)

 16日(水)予約診療(角田)

  

※平日 午前 8:30~11:30

   午後15:00~19:30

※土曜 午前 8:00~11:00

※院長は不在となります

 


2017.07.13 / Top↑
 

8月のお知らせ

 

6日(
休診
9日(水)~16日(水)
夏季休診

この間、院長不在につき、角田先生の予約診療となりますので、詳細については、別紙にて、ご確認下さい

20日(
午前保険内診療(予約制)

午後保険外診療(予約制)

27日(

午前保険内診療(予約制)

午後保険外診療(予約制)

2017.07.13 / Top↑
 

7月のお知らせ

2日 (
午前保険内診療(予約制)

午後保険外診療(予約制)

9日 (
陰陽(つがい)てい鍼セミナーの為、
休診
16日(
休診
17日(
午前保険内診療(予約制)
午後保険外診療(予約制)

23日(
午前保険内診療(予約制)  

午後保険外診療(予約制)

30日(
花田学園スポーツトレーナー研究会

出席の為、休診

 

 


2017.07.13 / Top↑

院長コラム2017
VOL3(夏至)
『ダウジングって』


今年の梅雨入りは6月7日でしたね!これまではあまり梅雨らしくありませんでしたが皆様いかがお過ごしでしたか?これから本格的に梅雨らしくなるとは想いますが、ゲリラ豪雨や落雷等にはお気を付けて下さいね!でも、気象衛星の性能がぐうーんっと上がったので雨がこれから降る降らないはスマホ等の画面から雲の動きを見て容易に推測できるので、的確な用意と準備ができ暮らしもずいぶん助かっていますよね!
しかし古代の人達は水脈を探したり貴金属の鉱脈や化石燃料の位置を探索するのにどのような方法で行なっていたのでしょうか?地中に埋もれ隠れているのでそれを探し求めるのは簡単ではありませんし闇雲に探しても当たる確率はゼロに近い確率だと思います。古代いにしえの人々は、木の枝を使ったり振り子のような装置を作ってその動きに導かれそれぞれの目的の目に見えないものを探していたとの事です。その代表にベトナム戦争後に地中に埋められた地雷を見つける為、木の枝にレモンを刺して探し、地雷による犠牲者が飛躍的に減少したとの報告がございます。日本の歴史においては、弘法大師空海が錫杖を用いりながら日本各地を回り井戸や温泉を掘り当てたとの伝承があります。
古来の方々は人知を超えた情報を現代の様にスマホやパソコンの様なもので得る事は出来ませんでしたし、生きていく上の道標として危険と隣り合わせの古代に安全に暮らせるための道具としてナビケーターとして大きな力になった手法が『ダウジング』なのです。

現在我が国日本の100歳人口が6万人を超えておりますが、2050年には60万人になり、数字から見ると日本人は健康になっているかのように見えます。しかし、多くの方々が身体の何処かに不調を抱えて日々病院通いを余儀なくされております。癌、アレルギー、認知症、糖尿病などの病気で闘病中の人。会社や家庭内での人間関係で精神的に不安定になっている人。言いたいことを抑えて、自分らしく生きる事が出来ない人。どの道に進んだらよいのか、何を頼りに生きていけばいいのか迷っている人。多くの日本人はどうすれば現状から抜け出せるか悩んでおります。出口が見出せなくて困っている人に、希望の光と道筋を見出すお手伝いをしてくれるのが、ダウジングです。この方法はある特定の特殊な力を持った人だけが出来る技術ではなく僕もあなたも持っているほんの少しの能力を使うだけで簡単に手に入れる事の出来る技術です。我々は体だけ、心だけで生きていくことはできません。体と心を超えたところに魂(潜在意識)があります。この魂が絶体の存在と繋がっています。絶体の存在とはいろんな名前で呼ばれておりますが、僕は天や宇宙を想像します。ダウジングは絶対の存在から知りたい情報を引き出す事のできる技術で自分を守り自信を持って一歩前に進める喜びを感じ、限界を超え進む事を可能にし、倖せを感じる事に満足される事でしょう。

《ダウジングのやり方》
先ずは手始めに身近なものを手ごろな糸や紐に結び付けてやってみると良いでしょう。
5円玉や50円玉の様に、紐や吊るして重心が安定しやすいものを選び、振って動きやすい重さであればよく、紐の長さは15㎝程度あればベターです。振り子の事をペンデュラムといいます。ここでは5円玉や50円玉の事ですね!ダウジングを始めるには、比較的静かで雑音や干渉の入りにくい場所と時間を選んで下さい。手順は以下の要領で

① ペンデュラムを持つ手の肘をテーブルに付けるか、脇に軽く接触させて安定させます
② ペンデュラムと紐を持つ指までの長さは、ペンデュラムを振ってみて動かしやすい長さで、そこに結び目を付けておくとよいでしょう。
③視線はペンデュラムに軽く注ぎます。

④ダウジングは行う人の意識に従って動くものなので、始める前に設定しておくことが肝心です。問いかけに対して、yesであれば右に回る、または縦に振れる、noであれば左に回る、または横に振れるというように自分でやりやすい様に決めておきます。
例えば)「この食べ物は私の健康にとって役に立つか?」という問いかけであればyes or noで答えられますが「私の健康に良い食べ物は何か?」という問いかけにはyes or noでは答えられませんね!

⑤設定できたら、心の中で右に回れ、または縦に振れろ、と念じます。
最初のうちは、まったくペンデュラムが動かなかったり、変な軌道を描いたりしますが、続けているうちに想い通りに動くようになります。右回りまたは縦の振れが上手く行くようになったら、反対方向にも動くことを確認しておきましょう。

バイデジタルОリングテストという物もございますが、世の中は良くも悪くも情報が氾濫しており何を信じていいのか迷うばかりです。そんな時に是非ともダウジングを使ってみましょうね。化粧品を例にとってお話ししますと、化粧品の中にも肌荒れやアレルギー、ドライアイの原因になってしまうものもあるかもしれません。化粧品に含まれる化学物質の中には、経皮毒となり、皮膚や内臓に蓄積されて老化を促進させるものもないとはいえません。UVカットクリーム、ファンデーション、カラーリング、セットスプレー、シャンプー、リンス、保湿液等で皮膚のトラブルやアレルギーを起こすことはよくあります。ダウジングを活用して自分にとって必要なものをはっきりさせ、情報に惑わされることなく、時間をうんと節約でき、快適な生活を送ることにつながる事でしょう。

ポイントは100%自分を信じ、絶体の存在と繋がり全てを委ねる(委心)とうまくいきます。そして必要な情報を引き出し先入観に影響されないことが大切で無心に問いかけ、決して先入観を排除しようとは想わず、身を委ねましょう。脳波は深くリラックスしているシータ波がベストです。縄文時代の人々は、直観力に優れ、大自然の恩恵と畏敬の念を抱きながら平和な暮らしをしておりました。しかし時代の流れと共に争い事が起こるようになると、直観力も錆びつき絶体の存在との対話も薄れてきたようです。

さぁ皆さん!ダウジングで直観力を磨いてみませんか。


<参考文献>
『あなたを変えるダウジング』 堀田
忠弘 自由国民社



かわい接骨院・じょんのび治療室


主宰 川合 晃生
2017.06.22 / Top↑