09//1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.//11

◆かわい接骨院◆はり・きゅう院◆

痛みは体が助けを呼ぶシグナルです・・・ 気がついたら早めに手当をしてあげましょう。 ご自身の身体のSOSを見逃さないでくださいね♪

2015年夏至 院長コラム 

2015年夏至 院長コラム

『ねば!べき!ねば~る君?』

6月8日ほぼ平年並みの2015年梅雨入りとなりましたね。去年より3日遅い梅雨入りとなり、またしばらく鬱陶しい時期が続きますね。今年は沖縄の梅雨入りが遅かったため関東甲信地方も遅い梅雨入りが懸念されましたが、平年並みという事でほっと致しました。おそらく梅雨明けも平年並みの7月20日前後となることでしょう!それにしても、日本列島どこにいてもよく揺れますね・・・・・。また大きな地震が来なければいいなぁと想う今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

最近想うことを少し書かせていただきます。どこかの国のトップではないですが、近頃、ああしなければならない、こうしなければならないという「ねばならない論」やこうすべきだ、こうあるべきだという「べき論」を振りかざす人たちがちょっと多くなってきた氣がしてなりません!正しい理論を押し付けて、正しい生き方をしなければならないといくら説いても、そんなことで人は動かない様です。人は「正しい」かどうかではなく、「楽しい」かどうかでしか動かないそうです。「ねば・べき論」は自分の考えが無駄に縛られて精神的な自由さをも奪ったり、強烈な固定観念、強靭なリーダーシップを発揮することもありますが、思考の引き出しが1つしかないので、切羽詰まると正論しか言えなくなり結果的にヒステリックに周りには映り誰からも賛同や共感を得られなくなります。

自分が想う「楽しい」事を実践し、他人がそれを褒めてくれると、また褒められたいという欲求が湧き「楽しい」ことを実践することでいい結果がでるという好循環を生むのです。「正しい」人は自力で頑張る人が多いようですが「楽しい」人は自分以外の力も受け入れながら顔晴る人が多いそうです。正しさを主張することは、「競う・比べる・争う」事に通じますが、楽しさに乗っていくとは、「きそわない・くらべない・あらそわない」ことに通じます。「ただしい」と「たのしい」は「だ」と「の」の一字の違えだけですが、人を動かす力には大きな差がありそうです。我が国の首相も「正しい」人から「楽しい」人へとシフトチェンジして下されば真の『美しい日本』になるのになぁ・・・。


お知らせ

6月より日頃からご好評を頂いておりました薬石ベッドがリニューアル致しました。「夏場は暑いので薬石ベッドはいいわ!」と云われる患者さんの声にお応えして、石に熱を伝えるヒーターはOFFにし代わりにホルミシスパウダー40G配合のシーツをベッドに引くことによって、シーツから出るマイナスイオンと低放射線の遠赤外線効果によって、夏場でも身体にやさしい温もりと1/Fゆらぎのアルファー波効果でリラックス出来短時間でも熟睡してしまうほどのくつろぎ感を味わうことが出来ます。また、ご自宅でも普段使われているお布団の上にそのシーツを引くことによって、ご自宅でも質の高い睡眠を確保出来、身体の修復ホルモンを最大限に発生させ、翌朝には疲れ知らずのリセットされ蘇った身体に生まれ変われます。ご自宅でのセルフケアにもってこいの逸品です。グラント社製のホルミシスシーツ シングルサイズ(1000MM ×2000MM) ¥45,000(税込48,600円)で当院で購入も可能です。是非この機会に!!このシーツを5年間毎日使ったとして一日たったの27円で健康が買えます。高いか安いかは貴方の価値観に委ねますが、これからの時代、自分の健康は自分で守らなければならない時代がやって参ります。そして平均寿命を延ばすのではなく健康寿命を延ばさなければなりません。人生90年の時代が到来し1日8時間睡眠をしているとするとなんと30年間は寝ているという事になりますよね!そう考えると寝具はいいものを使った方がよいかもと想う事でしょう・・・。このホルミシスシーツはただ普通に寝ているだけで健康になれる!なんて合理的で素敵なのでしょう!!日頃何かと忙しくてご多忙の方は健康志向は強いのですがなんせ忙しさのあまり健康には程遠い生活を余儀なくされていることでしょうね。そんな方々にはきっとお役に立てることと存じます。『やっぱ!やっぱ!心身の健康が一番だよね!!』

是非一度お試しあ~れ


    かわい接骨院・じょんのび治療室
               主宰 川合 晃生
スポンサーサイト
category: ◆院長コラム◆
trackback -- | comment --

[edit]

page top