2015年霜降 院長コラム

『健康は故郷(くに)の宝かな!!』

皆様!ご無沙汰しておりました。急に秋も深まり朝晩は寒いくらいです!
乾燥が酷いので喉や鼻の粘膜が乾いて風邪を引いたりお腹の調子を崩している方たちが多くみられますが、皆さんお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます。
今年は早々にインフルエンザやノロウィルスが蔓延し大流行しそうですので例年より早めに対応しておいたほうが賢明ですね! 云うまでもありませんが手洗いとうがいはしっかり励行して下さいね!

僕は唯一皆様に誇れることがあるとすれば18歳からこの業界に研修生として入門してから28年と2カ月が経ちましたが、一度たりとも病気で休んだ事が無いということですかねぇ・・・。当たり前だよと言われればそれまでなんですが、研修時代、我が師匠であります清瀬の故野島忠男先生に「健康は故郷の宝だな!」と言われたことをつい昨日のように想いだします。先日も田舎から新米のコシヒカリと新酒の久保田30周年限定純米大吟醸を送ってもらいました。美味しい空気と水そして米を食べ育ったためか、勿論自分なりの健康管理はしっかりしてきたつもりですが、育った環境、両親やご先祖様から頂いた強靭な肉体に感謝です。

よく患者さんから「先生はいつも元気ですが、どのような健康法を取り入れているのですか?」という質問をされます。僕の健康法は先ずは普段の姿勢を正すことです。
顎を引き、臍下丹田を基め、腰を開き臍を引っ込め、舌先を前歯の後ろに付けて舌骨を挙げ横隔膜をゆるゆるに緩ませ解放する。そうすることにって腹式呼吸が自然に楽に出来、そのいい姿勢を保持したまま、あとはゆっくりとした深い呼吸を意識し自律神経のコントロールを行っているくらいぁと想います。これによって28年2カ月病気で仕事を休まなかった秘訣だとっております。皆さんも簡単ですので是非ともお試しあ~れ!

10月は神無月といって日本の神さまがみんな出雲の國に集まってパーティーでもするのか会議でもするのですかね?出雲では逆に10月の事を神在月というそうですが、未だに巷はパワースポット巡りや御朱印を押印してもらうために神社巡りをしている方たちが多いようですね!この間読んだ本『あなたのなかのやんちゃな神さまとつきあう法』金城幸政著の中に地球が神さまの「遊び場」で常識に縛られたまじめくんやマザコンは神さまのタイプではなく素晴らしい人間になりたがる人は神さまをしらけさせると、神さまのことはときどき思い出すくらいでちょうどよく、自分の奥深くに神さまはいつも「いる」と感じ、我々自身が神の分身で我々自身が神としてこの人間界でとことん生きなさいと説いておりました。なるほどなーと・・・。また12月にお会いしましょう!

かわい接骨院・じょんのび治療室主宰 川合 晃生
スポンサーサイト

【2015/10/19 18:12】 | ◆院長コラム◆


| ホーム |