09//1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.//11

◆かわい接骨院◆はり・きゅう院◆

痛みは体が助けを呼ぶシグナルです・・・ 気がついたら早めに手当をしてあげましょう。 ご自身の身体のSOSを見逃さないでくださいね♪

 

2016年
院長コラム立春

皆さん!ご無沙汰しておりました。今年も皆さん元気で倖せにお暮しの事と存じますが、早いもので今日は2月4日の立春です。暦の上では春という事ですが、去る1月18日に降った雪がまだ所々に残っていて誤って滑り転倒され受診される患者様が後を絶ちません。旧暦ですと今年は2月8日が元旦で春節という事で今週末くらいから中国人がどぉっと日本に押し寄せそうですが、今や日本の経済は中国人の爆買いによって支えられているといっても過言ではないため、今までは春節だとちょっと憂鬱でしたが今では中国人様様なのでウエルカム状態でこの春節を迎えようとしている日本人が多いのではないでしょうか。

『春』繋がりで今年に入って気になることが「センテンス」「スプリング」ならぬ週刊文春です。この週刊誌の情報源は凄いですね!!相当な数のスパイがいるのか北朝鮮の工作員でも雇っているのか?とにかく今年に入ってからのベッキー・ゲス不倫問題、SMAPの解散問題、甘利大臣のカネと政治の問題、清原の覚せい剤問題等など今年の話題はすべてセンテンススプリングが火種になっております。お互いに『文春』には気を付けましょうね。(笑)少々余談にはなりますが、落語家の桂 文珍の弟子に桂 文春という吉本興業所属の落語家がいましたが彼は元々佐川急便の配達員をしていました。しかし短期間でお金になるという思いで文珍師匠に入門し2006年9月21日に41歳の若さで気管支喘息重積発作の為亡くなりました。こけら落とししたばかりの天満天神繁昌亭での高座を3日後に控えての急逝でありました。文春はその2年程前に奥様を亡くしており、男手1つで子供を育てるために昼は落語家、深夜はアルバイトとして働いていたそうです。これらの事で心労が重なっていたのではないかと言われております。何か運命めいたものを感じるのは僕だけでしょうか?

話は変わりまして、先日読んだ本の中に皆さんにお伝えした方がいい内容があったのでご紹介いたします。東北大学加齢医学研究所教授の瀧 靖之先生の『生涯健康脳』の中に「有酸素運動」が脳を活性化させる。「有酸素運動」をすると「海馬」の体積が増える。海馬は皆さんご存知だと存じますが我々の記憶と情動をコントロールしております。また「睡眠」が認知症の原因物質を毎晩洗い流しているそうです。脳の最高の栄養素は「知的好奇心」!だそうです。最近の研究では筋肉量と認知症の関係を調べられているそうですが、筋肉量が少ないと将来的に認知症になるリスクが高いそうです。さぁー!皆さん今年の目標が見つかりましたね(笑顔)有酸素運動と軽い筋トレを行い質のいい睡眠をしっかりとりいつも心はウキウキ・ワクワクの状態を保つこと、そして生涯ボケしらずの健康脳を維持していきましょう!!

僕は目下来る2月28日に開催される第10回東京マラソンのボランティアランナーとして参加する為日夜トレーニングに励んでおります。まさに有酸素運動と筋トレが融合されウキウキ・ワクワクの心理状態で練習しておりますが、皆さんよかったらゼッケン№F30238を応援してくださいね。一応日本人3位以内を狙ってリオオリンピックの候補に名乗りを上げたいという強い気持ちで覚悟を持って臨みますから・・・。ご声援の程宜しくお願いします。

巷はインフルエンザがようやく流行ってまいりました。受験生の諸君は呉々も気を付けてくださいね。予防は何て言ったってうがいと手洗いの励行ですが、当院ではもう一つ『鼻呼吸』をお勧めいたしております。鼻の持つバリア機能をしっかり使えばインフルエンザのウィルスは身体には入って来ません。その他『毎日田園草』というサプリメントがインフルエンザを寄せ付けないので当院で販売いたしております。御詳細はお電話でも通院時にでもスタッフにお気軽にお問い合わせください。
あと一つ、今年のインフルエンザ予防の隠し玉といたしまして『あいうべ体操』というのがございます。これについては、このブログの相互リンクの「保健室」をクリックしていただき東久留米ふれあい情報サイト「くるくるチャンネル」の「くるくる便利帳」から入って№11『健康寿命は肺活から』やり方を探し出して是非とも実践してみてください。

今年一年、どうか皆さんかわい接骨院を可愛がってやって下さいね!宜しくお願い致します。


                                           かわい接骨院・じょんのび治療室
                                                   主宰 川合 晃生

スポンサーサイト
category: ◆院長コラム◆
trackback -- | comment --

[edit]

page top