10//1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.//12

◆かわい接骨院◆はり・きゅう院◆

痛みは体が助けを呼ぶシグナルです・・・ 気がついたら早めに手当をしてあげましょう。 ご自身の身体のSOSを見逃さないでくださいね♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告
trackback -- | comment --

[edit]

page top

院長コラム2017 VOL5(霜降) 

院長コラム2017

VOL5(霜降)

 

 

皆さんこんにちは!!2カ月ぶりのご無沙汰でした。お変わりありませんか?今日このコラムを書いているのは1016日の月曜日です。今年も残すところ75日に迫ってまいりました。来週の水曜日は当院の大掃除ですよ・・・。お暇な方はお手伝いに来てくださいませ()

今日は10月としては1546年ぶりに下回った模様で気温差が本当に半端ないですよね! こんなに急激に気温が下がりますと、自律神経のバランスを崩す方も多いのではないでしょうか?風邪もお引きになっている患者さんも多いような気がします。特に咳をコンコン・ゴホゴホと老若男女問わずされてますよね・・・。『長生きしたけりゃ「肺活」しなさい』や『肺炎がいやならのどを鍛えなさい』等が売れておりますが、これらの本を購入する前に是非とも『くるくる保健室』の小生の寄稿記事「№11健康寿命は肺活から!」や「15ロングブレスで長生きしよう!!」を検索してみて、この冬の風邪や流感の予防に役立てていただけたら、幸いです。


http://kuru-chan.com/blog/category/useful/

 

こんな雨の降りしきる悪天候の中、去る10/15日曜日に当院を6時半に出発して、黒目川を下って荒川の土手沿いに出て、葛西の荒川河口をゴール目標としてマラソンをして参りました。柔道整復師養成学校時代の同級生3人と走って来ました。何故かと申しますと、来年予定しております、かわい接骨院ランニングクラブのメンバーを引き連れて行うスロージョギング講習会のコース下見だったのですが、GPSで見積もった55㎞には及ばず50㎞弱位の距離になる事が分かりました。トイレの位置や自販機の場所など確認したのですが、途中雨と風が激しくなったのでこうなってしまいますと、身を寄せる場所が河川敷には無く問題点も残りましたが、逆に悪天候で課題が見つかり良かったのかなぁとも想った次第であります。我々3人は浮間船渡付近の荒川土手から中山道に降りて、途中、板橋の仲宿、巣鴨では塩大福の名店「伊勢屋菓子店」「東京すがも園」「みずの」の食べ比べをし、谷中・千駄木を経由し六義園から東京芸大の前を通り抜け上野東京国立博物館では運慶展が開催されているのを遠くから眺めながら、言問い通りをひた走り浅草の大学芋や「千葉屋」さんに立ち寄って、ホクっとカリカリの大学芋をつまみ、錦糸町の雲丹ラーメン店「佐市」で冷え切った身体を癒してくれるまろやかな潮の香りがほんのりするスープとそのスープによく絡んだが太麺がツルツルと喉の奥を通り胃袋に入っていく感覚を愉しみながら、ここでランは終了し、本日の総走行距離は45㎞でした。途中はグルメランに代わってしまった気も致しましたが消費したカロリーはすぐさま取戻し有意義な時間を過ごさせて頂きました。

 

来年のスロージョギング講習会は桜の咲く春風が気持ちのいい時期に決行しようとメンバー間で話しております。もし、このブログを読んでいらっしゃる方で参加希望の方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡下さいね!17分~7分半位でゆっくり走りますのでどうぞご安心ください。腰・股関節・膝に負担の少ないフォームで走り内臓脂肪の燃焼効率もよくダイエット効果や生活習慣病の改善に繋げるセミナーにしたいと考えております。

都内の名店を食べ走る企画も考えておりますので乞うご期待!

 

ここで話が変わりますが、

23年前ごろから興味があった『マインドフルネス』に関して少しだけ書かせていただきますね!マインドフルネスとは、自分のありのままの状態を受け入れつつ、「今この瞬間」に意識を集中させる技法です。そのルーツは2500年前にお釈迦様(ブッタ)が提唱した瞑想法にあります。昨今では優れたストレス低減法として医療の幅広い領域で用いられているほか、「認知行動療法の第三の波」と言われるなど、非常に高い治療効果を持つ心理療法としても真価を発揮しております。  さらに近年では、Googleやマイクロソフト社等の海外一流企業や日本の大手企業の間でも、社員や職員の集中力や想像力を高める目的で、マインドフルネスの手法が積極的に導入されております。本来は「今ここ、今この瞬間」には、過去を後悔したり、未来を憂いたりしがちな我々ですが、そうした余分な思考は本来存在せずに、今この瞬間に戻り、余計な思考や情動に氣付き、今この瞬間を大事に心のままに精一杯生きるという作業を繰り返し繰り返し行うことで、次第に思考の堂々巡りから抜け出せる事が出来るようになるそうです。  今年の当院 の標語は『而今』でした。あと2か月半、この瞬間のこの今を大事にこの今を精一杯生き抜くことだけを考え乗り越えて行きたいと想っております。皆さんも是非とも『この今を大切に』して下さいね!

 

それでは、12月にまた('ω')

 

                                   

    かわい接骨院はり・きゅうじょんのび治療室

                                   

      主宰 川合 晃生

 

 

 

<参考文献>

『脳腸相関で未病を征す』 松村 浩道著

 七星出版

スポンサーサイト
category: ◆院長コラム◆
trackback -- | comment --

[edit]

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。