FC2ブログ

09//1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.//11

◆かわい接骨院◆はり・きゅう院◆

痛みは体が助けを呼ぶシグナルです・・・ 気がついたら早めに手当をしてあげましょう。 ご自身の身体のSOSを見逃さないでくださいね♪

『地獄からの生還!』 

院長のひちょりごと2018
芒種
                 『地獄からの生還!』
 
 
こんばんは!広瀬香美です。「おっといけねぇ・・・この名
前は事務所預かりで使用できないんだったっけ」てなわけで
今日は(6/5)まだまだハイ・テンションな小生!
なぜかって?ホワイ?それは、去る63日『柴又100K
東京⇔埼玉⇔茨城の道にエントリーし走ってきたからですよ。

当日は朝2時に起床し準備に取り掛かり東久留米を3
過ぎ
に車で出発、途中柔道整復師養成学校時代の同級生を朝
霞ま
で迎いに行き、外環自動車道に乗って、草加の同級生と
合流、
いざ柴又へ向かいました。この日の最高気温は30
を超える
予想で朝から太陽がギラギラしておりました。
何故にこんな過酷なレースに出ったっていうのよと疑問を持
たれた方もいると想われますが、3人とも現在49歳、40
代最後の年となる今年度何か想い出になる挑戦をしようよと
いう話を昨年の川越小江戸マラソンの後の打ち上げの際に話
しており、それを実現させたという訳でございます。
 
まさに『未知との遭遇』とでもいいましょうか、一体自分の
身体が100k走っている間にどうなって行くのかという事に
非常に興味を持ちまして怖さ半分期待半分でとにかく今回の
ウルトラマラソンの目標は完走でした。そして自分的には今
までと違う自分探しをして、為りたい自分になる事を目指し
ここは葛飾区柴又寅さんのお膝元「♪連れて逃げてよついて
おいでよ♪」パラララパラララと細川たかしの矢切の渡しが
流れ(妄想)いざ650分スタートしたのでした。
途中40k
までは非常に良いペースでおそらくこれは42.195㎞の
フル
マラソンを何度か走っている為、身体と脳が覚えていて難
くほぼ1㎞を550秒のハイペースで走っておりましたの
で、予定してたタイムを大幅に上回ってしまいました。これ
はやばいなぁと想ったのですが、気温もどんどん上がってい
きますし頭がボーっとして半分熱中症状態で折り返しの茨城
県の五霞町で丁度半分の50㎞を向かえました。ここで軽い
昼食とトイレタイムを約15分間取って地元の中学生たちの
ボランティアの子供らに励まされ、うどんやスイカ、冷やし
たきゅうりにプチトマトにたっぷり塩を付けて食しました。
ゴール後に聞いた話ですがこの五霞町の折り返し地点で今年
は大勢のリタイヤ者が出たとの事でした。そして、褌を締め
直し1230分後半の旅に出発しました。太陽も南中高度に
達したころにはとにかく2.5㎞おきに設置された給水所を一
つひとつ目指しながら愉しみはそこで飲む冷たく冷えた水を
飲む為だけを想い、だだそこに道があるので走り続けてたの
でした。我が田舎の英雄上杉謙信の書いたと言われる「第一
義」のプリントされた手拭いを給水所で濡らし頸に巻き付け
リンパ周りを冷やし熱中症対策を講じながら、苦しいときに
は先月お亡くなりになられた西城秀樹さんのヤングマンを心
の中で口ずさみながら、すっかり辺りはかけていたサングラ
スでは見えにくくなった為、途中のエイドステーション(
水所)でリュックサックを背負いながらの走行でしたので、
眼鏡とサングラスを取り換えて何とか少しでも明るいうち日
没前にはゴール出来るようにと走り続けたのが18時半、身
体的には大腿部に疲労物質が貯留してきた感じでしたが、恐
れていた足指や膝の痛みは出現して来ず(BMZのインソール
のおかげだろう)、心に目を向けて観ると、折り返しまでは
ゴールしたら自分にどんなご褒美を与えようとか煩悩だらけ
でしたが、折り返し以降はもう脳では何にも考えられずエイ
ドには必ず停まって甘味も摂取していた為、脳の疲労は感じ
ませんでしたがやはり脳が心にメッセージを送り「いつ辞め
てもいいんだぞっと」誘惑してくるのですよ・・・。
そのささやきに耳を傾けてしまいますと負けてしまうのですね!
今回は時計もせずマラソンのアプリも持たずしてタイムを気
にせずと想い走ったのですが、最終的には煩悩も妄想も頭か
ら消え去り『無』の境地とでもいいましょうか、何にもいら
なくなった自分がそこにはいました。ただただそこに道があ
る。あるから走るだけ、風が吹けば風に流され雨が降ればそ
れに打たれる自然に身を任せるだけ、淡々とただ生かされ人
生を歩んでいければこれからの後半戦の小生の人生に重ねな
がら、地位や名誉、巨額な冨、何にもいらねぇー・・・。
人から喜ばれる存在になるだけでそれでいいのだと、バカボ
ンのパパがいきなり降りてきました。あたりはすっかり真っ
暗、所々大会主催者が用意したレンタルのニッケンの照明が
暗くなった茨城の道改めイバラの道を照らしておりました。
そして、午後8949秒幻想的な光で輝いたゴールタワ
ーを潜り抜けたのでした。そして、スタート地点にいたCブ
ロックのプラカード係だったお姉さまに完走メダルを首から
かけていただきました。放心状態のまま、大した感動もなく
家路に着こうかと想いましたが、3人で吉川の温泉に直行し
汗を流し、やっちゃばという居酒屋で小生は車の為ポッピー
でハッピーで外(黒ホッピー)だけを飲んでおいしい肴をつま
みに3人で反省会となった訳であります。
これだけ過酷な気象条件で完走出来た自分を心から褒めて上
げたいと想います。そして、この経験を無にすることなくこ
れから生かされる後半の人生50年に活かしたいと想いま。
最終結果は参考記録ではありますが、ゴールタイムが午後8
949秒で13時間1949秒で完走いたしました。
ありがとうございました。
でも、13時間も走り続けたってことは究極のどМになって
変態に輪をかけ変態になったのではないでしょうか()氣を
付けようっと!!
来る6/12は米朝首脳会談がシンガポールで行われるあくま
でも予定ですし、6/14からはサッカーロシアワールドカッ
プが開催されます。6月もまた寝れない日が続きそうです!
皆様も梅雨空の鬱陶しい日が続くと想いますが、呉々も塩分
と水分の摂取を忘れずにご自愛下さいませ。今度は8月のお
盆明けにお会いしましょう!サ・ヨ・ナ・ラ・・・・・。
 
かわい接骨院・じょんのびはり☆きゅう治療室 
 手技療法家 川合 晃生


スポンサーサイト
category: ◆院長コラム◆
trackback -- | comment --

[edit]

page top